積立投資を学ぶ。

積立投資の基礎

積立投資の基礎

積立投資の基礎43:株価はなぜ上がるのか

つみたて投資を行う上で、何に投資するかは最も重要ことです。

 

預貯金では元本しか残りませんし、国債もほとんど金利が付きません。
今や日本で10年の国債(=国の発行する債券))を買っても、リターン
は0%です。

 

ですので、金融資産で資産形成をするなら、好む好まざるに関わらず
株式の力を借りないといけないわけです。

 

でも、株!と聞くと嫌悪感持つ方もいらっしゃいますよね。
でも、その方たちの公的年金の半分くらいは日本を含む、世界の株式で
運用されています。

 

資本主義の世界では、株式を保有してリターンの極大化を目指すのが
投資家ですから、極論すれば株価が上がらない企業は市場から退場させ
られるわけです。

 

ですから、逆に言えば、理由はどうあれ株価が上がる企業しか上場して、
売買されないわけです。

 

これが、株価は長期的に上がっていく理由です。
(日本はちょっと例外)

 

つみたて投資、どんと構えて30年間。開けてびっくり玉手箱。

==

You Tubeはこちら。

「つみたて投資おじさんの月3万円で3000万円の個人年金を作る方法」

↓↓

https://bit.ly/2WBPLFd

チャンネル登録、よろしくお願いします!

===

記事一覧へ